a-ha

当時、余りにも衝撃的だったPVです
たまーーに無性に見たくなったりします




a-ha(アーハ、アハー)はノルウェーの3人組バンド。「テイク・オン・ミー(Take On Me)」の世界的なヒットや
『007 リビング・デイライツ』(The Living Daylights)の主題歌、
1994年リレハンメルパラリンピックのテーマ曲(Shapes That Go Together)、2009ベルリン世界陸上テーマ曲(Foot of the Mountain)を歌ったグループとして知られる。
なお2010年12月04日にユニット結成の地、オスロでのコンサートを最後に解散した

モートン・ハルケット(ボーカル)、ポール・ワークター=サヴォイ(ギター)、マグネ・フルホルメン(キーボード、ギター)の3人で1982年に結成。1983年にイギリスへ渡り、1984年に「テイク・オン・ミー」でデビュー。トニー・マンスフィールドのプロデュースによるこの「1st version」は母国ノルウェーで3位を記録するヒットにはなったものの、国際的なマーケットでは注目されなかった。
翌1985年、アラン・ターニーによってアレンジし直され再びリリースされた「テイク・オン・ミー」は全米1位・全英2位の大ヒットを記録する。ビルボード(Billboard)誌では、1985年10月19日に週間ランキング第1位を獲得。1985年ビルボード誌年間ランキングでは第17位。イントロのフレーズとモートンのファルセットが印象的なこの曲は、ロトスコープによるスケッチ風アニメと実写とを巧みに合成した当時としては斬新なミュージックビデオの効果も手伝って、全世界的なヒットとなった





[PR]
by toricafe | 2012-04-06 00:08 | muzic
<< 電撃バップ! The Police - De... >>