<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パンニハムハサムニダ

今朝、予備校へ向かう坂道の途中で、チェ・ジウ似の韓国っぽい外人が話し掛けて来たハムニダ。



「Excuse me.」



そう言って何やら流暢な英語で話かけてきた。僕はスローリー!ポリネシアンスピーキング!プリーズとテンパっていた。
するとチェ・ジウは地図を広げながら麹町郵便局を指差した。おーなんだ、僕の予備校のすぐ近くじゃないか。ということで僕はチェ・ジウに言った。



「Let's go!僕の予備校の近くだよ」



すると、チェ・ジウは僕の顔をマジマジと見ながら言った。



「アナタ、ロウニン?Oh!Japnese last samurai!!!!!ナンロウデスカ?」



と聞いてきたのではにかみながら答えてやった。



「今年で四浪だよ」







するとチェ・ジウは言った。












「アナタ、四様!ヨン様なのね!アイタカッタ!」










俺は全てを思い出した。
そう、この子は高校の頃の俺の恋人。俺たちは愛し合っていた。あの日が来るまでは。


あの日…四年前のクリスマス。雪の日だった。僕たちは街のクリスマスツリーの前で待ち合わせをしていた。だが僕は待ち合わせ場所の真ん前の凍結した道路でトリプルアクセルの練習をしていたら、赤信号に気付かずに通りの車にひかれて頭を打ってしまったのだ。それから月日が経って、僕は記憶を失い、医者の話では四回転滑って河合塾にいたそうだ。




「ジュンサン!会いたかった!」
二人は抱き合った。
すると突然どこからか太鼓の音が。その直後予備校から声が聞こえて来た。




「シャーペン祭じゃー!!」







どうやら今日は遅刻したらしい。


〜fin〜

※)この物語は所々フィクションです
[PR]
by toricafe | 2008-05-06 15:58 | あかいりょう(仮名)

Prosciutto di Parma

こんなん届きました。

めっちゃうまいんで
興味ある方は是非!
c0135436_16421298.jpg

[PR]
by toricafe | 2008-05-02 16:42 | 食材