<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イチロー選手の目標設定術


奥村幸治さん(掲載当時NPO法人ベースボールスピリッツ理事長、宝塚ボーイズ監督)
致知2010年6月号「致知随想」より





オリックスで打撃投手を務めていた頃、
不調に陥った選手に

「投げましょうか?」

と声を掛けると、ほとんどの場合、

「頼む」

と答えが返ってきた。
練習することによって、少しでも不安を取り除きたい
と思うのが人情というものだろう。

そんな中、私の申し出に一人だけ
首を振った選手がいた。
当時20歳だったイチロー選手である。

試合後にその理由を尋ねてみたところ、彼は

「僕はこんな心境で試合に臨みたいんです」

と言う。

「どんなに好きな野球でも、毎日続けていると、
もう疲れた、きょうは嫌だなと思う時ってないですか?
そうなっては、自分の能力って
絶対に発揮できないですよ。
バットが持ちたくて持ちたくてしょうがない。
そういう心境で、僕は試合に臨みたいんです」

そして彼はこう後を続けた。

「初めてお父さんとキャッチボールした時、
どんな気持ちになりましたか?
またやりたいなと思ったでしょ。
その気持ちなんですよ。
そういう気持ちが自分でしっかりつくれれば、
絶対に技術って向上していくと思いますよ」

イチロー選手のプロ入り3年目の年、
彼の専属打撃投手となった私は、
寮生活で1年間寝食をともにし、
多くのことを教わった。

彼と初めて出会ったのは、
私が20歳、彼が19歳の時だった。

初めてそのバッティングを見た時、
年下にこんなに凄い選手がいるのかと舌を巻いたが、
最も驚いたのは、彼が一軍に上がってきてからのことだった。

キャンプ期間中、二軍でプレーしていたイチロー選手は、
夕方に練習を終えると、早々に眠りに就いた。
そして皆が寝静まる深夜にこっそり部屋を出ると、
室内練習場で数時間の特打ちをするのを日課としていた。

ところがシーズンが始まり、一軍入りを果たした彼は、
全くと言ってよいほど練習をしなくなってしまったのである。

不思議に思って尋ねてみたところ

「体が疲れ過ぎるとバットが振れなくなるから」

とのことだった。

一軍でまだ何の実績もない選手が、
自分のいまやるべきことは何かを
ちゃんと理解して行動している。

私の知り合いにもプロ入りした者が数名いたが、
彼の取る行動や言葉のすべては、
他とは一線を画すものだった。

例えばこんな調子である。

「奥村さん。“目標”って高くし過ぎると
絶対にダメなんですよね。

必死に頑張っても、その目標に
届かなければどうなりますか?
諦めたり、挫折感を味わうでしょう。

それは、目標の設定ミスなんです。

頑張れば何とか手が届くところに
目標を設定すればずっと諦めないでいられる。
そういう設定の仕方が一番大事だと僕は思います」

二軍時代のイチロー選手は、
マシン相手に数時間の打撃練習をしていたが、
普通の選手に同じことをやれと言っても、
それだけの時間、集中してスイングすることはできない。

それがなぜ彼には可能なのかといえば、
私はこの「目標設定の仕方」に
あるのではないかという気がする。

イチロー選手には自分にとっての明確な目標があり、
その日にクリアしなければならない課題がある。

その手応えをしっかりと自分で掴むまで、
時間には関係なくやり続けるという練習のスタイルなのだ。

私が彼の基盤として考えるもう一つの要素は、
継続する力、つまりルーティンを
いかに大切にしているかということである。

ある時、イチロー選手に
こんな質問をしたことがあった。

「いままでに、これだけはやったな、
と言える練習はある?」

彼の答えはこうだった。

「僕は高校生活の3年間、1日にたった10分ですが、
寝る前に必ず素振りをしました。
その10分の素振りを1年365日、3年間続けました。
これが誰よりもやった練習です」

私は現在、少年野球チームの監督を務めているが、
それと比して考えてみると、
彼の資質がいかに特異なものであるかがよく分かる。

例えば野球の上手な子にアドバイスをすると
何をやってもすぐできるようになる。
下手な子はなかなか思うようにいかない。

ところが、できるようになったうまい子が、
いつの間にかその練習をやめてしまうのに対し、
下手な子は粘り強くそれを続け、
いつかはできるようになる。

そして継続することの大切さを知っている彼らは、
できるようになった後もなお練習を続けるため、
結局は前者よりも力をつけることが多いのである。

その点、イチロー選手は卓越したセンスを持ちながらも、
野球の下手な子と同じようなメンタリティを持ち、
ひたすら継続を重ねる。
私はこれこそが、
彼の最大の力になっている源ではないかと思う。






c0135436_211373.jpg

[PR]
by toricafe | 2012-04-30 02:01

KAIKOO part1

まずは

お台場に向かいました

c0135436_23514889.jpg



POPGROUP代表のヒロキ氏と!笑

c0135436_23502111.jpg


到着したのが遅かったので
toeから

c0135436_23524213.jpg




envy

c0135436_23532668.jpg



[PR]
by toricafe | 2012-04-25 23:56 | muzic

オーシャンゼリゼ



奇妙礼太郎トラベルスイング楽団バージョン
KAIKOOのラストでした
最高のライブパフォーマンス!


[PR]
by toricafe | 2012-04-25 22:36 | muzic

envy「worn heels and the hands we hold」

KAIKOOに昨日来ました

『音楽のチカラ』でって

何となく全く忘れかけてた感覚


ひっさびさの生きた音

曲を知ってるとか関係なく
体の中からアドレナリンがとまらなくなる感覚

やっぱこういうのスキなんだ!






[PR]
by toricafe | 2012-04-22 10:06 | muzic

お知らせ

4/21(土)、22(日)は臨時休業させていただきます
ご迷惑かけますがよろしくお願いします



[PR]
by toricafe | 2012-04-20 18:17 | shop info

出るもの?

c0135436_18241321.jpg

[PR]
by toricafe | 2012-04-18 18:24

2012/4/19(木)の野菜リストです

フキ400g/260

新玉ねぎ1個/70
キャベツ1玉260
カラシナ150
なばな160
サラダミックス230
春菊160
人参160
ほうれん草180
ネギ160
ワケギ140
金時生姜230

宝山
塩糀170g/430

篠島産
シラス320

甘夏1個/120

金山寺味噌380

豊田旭地区つくば工房
梅干し500(大梅or小梅)
らっきょう漬け500
コンニャク200

タマゴ(こだまちゃん)
1パック260 2パック500
あいちの米たまご
6個入/280

レモンマーマレード550
プルーンジャム550
りんごと人参のジャム550

大豆の水煮150g/280
地粉細うどん330
米粉300g/430
金時生姜粉 1050
切り干し大根100g/230
花切り干し大根100g/230
ゆかり300
古代米 赤or黒orミックス 各450
喜界島粗糖1kg/550
地粉1kg/550
鷹の爪1袋/100

鈴鹿産減農薬米2kg1000円(玄米・白米)
無農薬冬みずたんぼ米2kg1780円(玄米・白米)
[PR]
by toricafe | 2012-04-18 13:33 | 野菜朝市リスト

電撃バップ!



確か20年くらい前何人か知ってる人が映ってる・・・笑
名古屋のクワトロだったはず!


THE RYDERS / BLITZKRIEG BOP





これもイイ!

K.G.G.M. / BLITZKRIEG BOP




モノホンはサイッコウ!!!

The Ramones - Blitzkrieg Bop (Live)


[PR]
by toricafe | 2012-04-17 00:40

a-ha

当時、余りにも衝撃的だったPVです
たまーーに無性に見たくなったりします




a-ha(アーハ、アハー)はノルウェーの3人組バンド。「テイク・オン・ミー(Take On Me)」の世界的なヒットや
『007 リビング・デイライツ』(The Living Daylights)の主題歌、
1994年リレハンメルパラリンピックのテーマ曲(Shapes That Go Together)、2009ベルリン世界陸上テーマ曲(Foot of the Mountain)を歌ったグループとして知られる。
なお2010年12月04日にユニット結成の地、オスロでのコンサートを最後に解散した

モートン・ハルケット(ボーカル)、ポール・ワークター=サヴォイ(ギター)、マグネ・フルホルメン(キーボード、ギター)の3人で1982年に結成。1983年にイギリスへ渡り、1984年に「テイク・オン・ミー」でデビュー。トニー・マンスフィールドのプロデュースによるこの「1st version」は母国ノルウェーで3位を記録するヒットにはなったものの、国際的なマーケットでは注目されなかった。
翌1985年、アラン・ターニーによってアレンジし直され再びリリースされた「テイク・オン・ミー」は全米1位・全英2位の大ヒットを記録する。ビルボード(Billboard)誌では、1985年10月19日に週間ランキング第1位を獲得。1985年ビルボード誌年間ランキングでは第17位。イントロのフレーズとモートンのファルセットが印象的なこの曲は、ロトスコープによるスケッチ風アニメと実写とを巧みに合成した当時としては斬新なミュージックビデオの効果も手伝って、全世界的なヒットとなった





[PR]
by toricafe | 2012-04-06 00:08 | muzic

The Police - De Do Do Do, De Da Da Da

ポリス (The Police) は、1970年代後半から1980年代半ばにかけて活躍した、イギリスのロックバンドである。ロックの枠組みの中に、レゲエの要素を加えるという斬新な音楽性は、ホワイト・レゲエとしばしば呼称される(2ndアルバムの"Reggatta de blanc"とは、White Reggaeの意味である)。
ジャズバンドのラスト・イグジットで活動していたベーシスト兼ボーカリストのスティング、プログレッシブ・ロック・バンドのカーヴド・エアで活動していたドラマー、スチュワート・コープランド、ギタリストのヘンリー(アンリ)・パドゥバーニの3人で結成。後に、元後期アニマルズのギタリスト、アンディ・サマーズが加入し4人編成となるが、ヘンリー(アンリ)が脱退しトリオとなる。当初はパンク・ブームを利用する形でデビューしたが、そのムーヴメントに収まることをよしとせず、メンバーの音楽的素養を柔軟に取り入れたロックを生み出した。


[PR]
by toricafe | 2012-04-03 13:32 | muzic