A Walk On The Wild Side/ LOU REED

ルー・リード(Lou Reed, 1942年3月2日 - )は、アメリカのミュージシャン。ニューヨーク州ブルックリン出身のユダヤ系アメリカ人である。シラキューズ大学卒業。在学中にデルモア・シュワルツ(en:Delmore Schwarz)に師事して詩作を学ぶ。本名ルイス・アレン・リード (Lewis Allen Reed) 。父の代にラビノヴィッツ (Rabinowitz) から改姓。その極めて前衛的な音楽性と人間の暗部を深く鋭く見つめる独特の詩世界は後のロック界、特にパンク・ロック、オルタナティブ・ロックに大きな影響を与えた。ドアーズのジム・モリソンやフランク・ザッパ、パティ・スミス、などと並び、ロックの芸術性の向上に多大なる影響を与えた音楽家の一人である


[PR]
by toricafe | 2012-02-05 21:28
<< 2012/2/9のオーガニック... DAIKON misto >>